クレジットカードでカードローンを組んでみた!

クレジットカードでカードローンを組んでみたら、意外に便利だったので良かった♪

クレジットカード選びのコツ

クレジットカード選びにはコツがあります。

そのコツを知らないと、損してしまうこともあるのでご注意を!

 

クレジットカード選びに迷ったら

クレジットカードの審査はどこの信販系会社でも同じです。

どこのクレジットカードであれば、契約が容易であるとか、そのようなことはありませんから、クレジットカード選びに迷った時には、自分にとって、そのカードがどれだけお得になるかで考えてみると良いでしょう。

よく使うスーパーで割引になるようなクレジットカードや、ガソリンスタンドで2円引きになるようなクレジットカードは、生活をしていく上で非常にお得であると言えます。

スイカやパスモなど、チャージをしなければいけないカードとクレジットカードが一緒になっている物を利用すれば、電車に乗る時、コンビニで買い物をする時など、チャージをする必要がなく、使った分だけ後でクレジットカード会社から請求が来る仕組みになっていますから、時間の節約になります。

契約をするだけで、数万円の現金や商品券をもらうことができるようなクレジットカードの場合、たとえそのクレジットカードを使わなくても、契約をして特典をゲットするという方法もあります。

たくさんのクレジットカードを保有すると、管理するのが大変になってしまいますから、自分の生活の範囲の中で、使用頻度を考えてクレジットカードを作ってみましょう。

様々な特典や使い勝手を考えてクレジットカード選びを行うことで、後々失敗したと感じることは少なくなるでしょう。

契約しても1年以上全く使わないと感じるクレジットカードがあるのであれば、解約をしてしまいましょう。

クレジットカードを持っていることで得られる特典

クレジットカードを所有することで、得ることができる特典はたくさんあります。

カードと一緒に無料で申し込みができるようなETCカードを作ることができる場合や、サイトのポイントとして数千円もらうことができるカード、その他にも契約をするだけで数万円もらうことができるようなクレジットカードもあります。

クレジットカードを作ることで、ポイントが貯まる場合、ポイントが品物交換にしかならない場合もあり、現金として使うことができないこともあるのですが、種類によっては、契約をすることで、数万円の現金がもらえる場合がありますので、そのような特典を目当てにクレジットカードの申し込みをする人も少なくありません。


もちろん誰しも申込書を提出すれば、特典を受けることができるわけではなく、クレジットカードの審査にクリアし、手元にクレジットカードが届かなければ、特典を得ることはできません。

ETCカードの申し込みも、クレジットカードと一緒に申し込みができる場合もありますが、手元にクレジットカードが届いてからではないと、契約できない場合もありますので、ETCカードが自宅に届くまでには、時間がかかる可能性もあるということを視野に入れておきましょう。

ETCカードはクレジットカードとは別に作ることもできますし、クレジットカードと一緒となって作成することもできます。

スーパーやショッピングモールなどで利用できる、チャージタイプのカードもクレジットカードと一緒となっている物も多数あり、その分ポイントが貯まりやすくなっています。

クレジットカードの平均保有枚数

クレジットカードを複数枚保持している人はたくさんいます。

国際ブランドが同じであるクレジットカードばかりを保有していると、自分がクレジットカードを利用したいシーンで加盟店がない場合に、クレジットカードを利用することができませんから、様々な国際ブランドのクレジットカードを持ち歩くという人も多くなっています。

平均すると、クレジットカードの保有枚数は3枚程度であるとされています。

中には、同じクレジットカード会社で国際ブランドが違う物を1枚ずつ作り、ポイントを全て一本化するという人もいます。

年会費が無料である物や、ポイントへの還元率が高いクレジットカードの方が人気があります。

何枚保有するかは、自分自身で決定するわけですが、むやみに何枚もクレジットカードを作ってしまうと、自分自身で管理をするのが大変となってしまいますので気を付けましょう。

クレジットカードの契約には必ず審査があるわけですが、1枚クレジットカードを作ることができれば、大抵の場合、2枚目や3枚目も審査をクリアすることができるでしょう。

中には、クレジットカードの使い方が荒い場合、契約が不可となってしまうこともありますが、正常な使い方をしている場合には、1枚しかクレジットカードを作ることができないということはありません。

上手な利用法としては、メインとなるクレジットカードとサブとなるクレジットカードを1枚ずつ保有し、ポイントを貯めるという使い方となります。

年会費無料と年会費が必要なクレジットカードの違い

クレジットカードには、年会費がかかるクレジットカードと年会費がかからないクレジットカードがあります。

年会費無料であるクレジットカードの方が人気は高い傾向ですが、年会費を支払うカードには、様々な特典がついていたり、ポイント還元率が高くなる場合もありますから、契約をする前に、調べておくと良いでしょう。

年会費無料としておきながら、実際には、初年度のみ年会費無料であったり、1年間のうち決まった回数クレジットカードの利用がなければ、年会費が無料にならないというクレジットカードもあります。

中には、年会費が無料としているのにも関わらず、データの維持費として、年会費程度の支払いが毎年あるというようなクレジットカードもあります。

年会費無料であるクレジットカードを選んだ場合には、上記のように、急に支払いをするお金が増えてしまうことのないようにしなければいけません。

クレジットカードの中には年会費が無料であり、クレジットカードの審査にクリアしやすいとされているクレジットカードも存在します。

そのようなクレジットカードは、ポイント還元率が0であり、バイト生活をしている人や、パートで生計を立てている人でも容易に契約ができます。

中にはそのような還元率が0のカードを頻繁に利用しながら、滞納もなく、毎月しっかりと返済することができていると、一般のカードの変更する時に、審査をしなくても簡単に新たなクレジットカードを作ることができる場合もあります。